第2回
恋活・婚活で勝つ!
誌上モテ講座

異性間コミュニケーション講師/佐藤律子

 突然ですが『問題』です。

 男性には女性を数字上「女の子」と認識するリミットがあります。
さて、その「女の子」年齢認知リミットは幾つまででしょう?

 

32歳ぐらいまで。
 
32歳ぐらいは《オトナの女》と《オバサン》の分かれ道。
「めんどくさいから、これでいいや」と自分磨きを油断すると、自分を構わなくなったら最後、確実にオバサン化します。

そういう私も、たまに「めんどいから化粧しない。服も適当でいいや」となりますので、自分への反省を含めてこの記事を書いています。

あなたは、自然体が一番!と思っていませんか?

 

例えばファッション

イラスト自然体といわれる服とは、自宅でくつろぐ時の格好がイメージです。ジャージなど男女の線引きのないユニセックスな服。
つまり、ラクな格好のことです。
ラクな格好をしてしまうと、立ち振る舞いがガサツになりがちです。

例えば、あぐらをかく、言葉使いが男っぽくなる、ダラダラするなど。

そして、オバサン化を左右する要因で大きいのは体型。 ラクなファッションは、オバサン体型を生み出す温床になりがち。

 

基本的に女性の体型は大きく2つの型に分けられます。

 

イラスト①グラビアアイドル体型/例:マリリンモンロー

  • 魅力…男性ウケする体型です。
    胸が大きくて母性を感じます。
  • 弱点…洋服の着こなしがあか抜けない。
    似合う服装が限定される。太りやすい。

イラスト②ファッションモデル体型/例:オードリーヘップバーン

  • 魅力…女性ウケする体型です。
    スラリとして品が良い感じがします。
  • 弱点…貧弱な印象。
    太りにくいが、たるみが目立つ。

 

どちらの体型も魅力的な部分がある反面、弱点もあります。
まずは弱点を補うことが《オトナの女》への近道です。

【1】の方はオバサン体型になりやすいので、運動や食事に気を付けてメリハリボディを保ちましょう。

【2】の方は細身ゆえに腕やお尻のたるみが目立ちやすいので、筋肉をつけてたるみを防止しましょう。むくみにも注意!

男性が、女性の体型で最もオバサン化を感じるところは、『ウエストのくびれのなさ』と『たるんだお尻』です。
どちらの体型の人も、これだけは気を付けましょう!

 

『ウエストのくびれ』は、女らしさのシンボル。
《オトナの女》の必須項目です。

男性は女性に対して、「女らしさ」を重要視しています。

イラスト

あなたの周りに「なんであの子がモテるの?」と言われるようなぱっと見は普通なのに、不思議とモテる女性はいませんか?

よく見てみると彼女には、容姿や性格以上の「何か」が必ずあります。
その「何か」が輝いているのです。

 

そうです!それが『魅力』です。

 

その人から溢れ出てくる内側からの魅力・雰囲気・味わい。

魅力ある人は、自分の容姿や性格を知り尽くした上で、研究に研究を重ねて、一生懸命努力をしているものです。

容姿そのものは簡単に変えられなくても、努力することは誰でもできます。
魅力的に見える雰囲気は努力によって、誰でも作り出すことができるのです。
ファッション・メイク・ダイエット・立ち振る舞い・表情など…。
世の中には、女性がキレイになるための情報や方法が溢れています。

女性は基本的に向上心が高いものです。
いつも、素敵に自分を磨こうと思っているはずです。

では、その『魅力』を磨くヒントを。
男性が好む『キレイ・女らしさ』のサンプルとして、テレビや映画で見る女優やタレントに注目してみましょう。

そして、《オトナの女》に位置づけられてる「男性ウケのいい女優」と「男性ウケの悪い女優」をチェックしてみましょう。

意外にも男性から支持されているオトナの女優は限られています。代表例は黒木瞳さんや樋口可南子さんでしょうか?

 

彼女たちに共通している事は『清楚・上品』です。

 

しかも年齢を重ねるほど、清楚で上品な感じが増しています。
そこが、男性に支持されているゆえんです。

最初の努力として取り入れやすいのは、ファッションです。

ズバリ、『清楚で上品』なファッションが男性ウケします。
妙な若作りや露出度の高い服は、実は好まれていません。

メイクや立ち振る舞いも同じです。
キーワードは、『清楚で上品』。

「清楚」と「上品」が「若さ」と「魅力」を作り出しているのです。
しかも、年齢を重ねるほどプラスに働きます。

 

いくつになっても、清楚で上品で若くて魅力的な女性。

これが男性が求める理想のミューズ(女神)です。

異性間コミュニケーションとは?

 会社、家庭、友人関係などの場面で、異性とのコミュニケーションについて悩むことはありませんか?
 異性の上司と部下、異性の同僚、夫婦で会社経営、男性のお客様、女性のお客様…。個人対個人だけではなく、会社など人が集まっている場所での異性間コミュニケーションが上手くいかない方が増えています。異性の違いを理解して認め合えば、「どうしてわかってくれないの?」というストレスが減ります。そのストレスが無くなるだけで、会社も家庭も友人関係も円滑になり、毎日を楽しく過ごせます。
 異性間コミュニケーションの方法を知ることで、みんなが幸せになっていく、それが私の願いです。あなたも異性間コミュニケーションの力を磨いて、魅力溢れる人間像を目指してみませんか?

異性間
コミュニケーション講座
お客様の声

  • 『得るものがたくさんで、あっという間でした!
    ありがとうございました。』(花井美樹様)
  • 『既婚ですが、仕事や夫婦間でのコミュニケーションを取る際、どういう点に注意すればよいか、たいへん参考になりました。
    娘達にもいいアドバイスができそうです。
    フリーで仕事をしているため、●●●のお話もとてもためになりました。』(佐藤由美子様)
  • 『佐藤さんのお話には、事実に基づいた説得力があり、知っている内容だと思っていた根底の詳細を知ることができて、とても楽しかったです。また次回も参加したいと思います。
    ありがとうございました。』(柳澤美咲様)
  • 『とても勉強になりました。●●歳を過ぎたらなんですね~。
    これから教えていただいたことを基に、ますます努力したいと 思います。本当にありがとうございました!』(齋藤光貴子様)
  • 『今日はとてもためになるお話が聞けて本当に良かったです!
    男女の違いもキチンと説明されていて理解できました。
    更なる活かし方を聞きたいです!』(伊平圭伽様)
  • 『とてもいいお話を聞いて良かったと思います。
    また来たいと思います』(高橋祥子様)
  • 『今まで知らなかった男性と女性の違いをたくさん知ることができて勉強になりました。
    マイナス○○歳を目指して頑張ろうと思います。
    ありがとうございました。』(菅田千夏様)
  • 『営業なので、男性の職場での自分の身の置き方に困っていました。
    男性社員との折り合いの付け方が理解できました。
    ありがとうございました。』(塚本萌美様)
  • 『職場での異性の行動を理解する機会になると思います。
    男性も努力しないと・・・。』(中川邦夫様)
  • 『話を聞いて「なるほどねー」と思うことがたくさんあって 「○○を勝ち取る」というのが印象的でした。
    スタートにも立っていませんが、聞いた話を現実で使えるように頭の隅に置いておきたいです。』(木村美子様)
  • 『どの世代にも通じる男女のコミュニケーションが解りやすかったです。今後、親子・夫婦関係に役立てて生きたいです。次回も参加したいです。』(O・M様)
  • 『すごく内容の濃い講座で素晴らしかったです。
    恋愛とビジネスが似ていることや、男女の仕事の目的が全く違っていた事など参考になりました。
    女性はホルモンの関係で○○がない=○○してもらうために結婚するというのも納得しました。』(S・Y様)
  • 『ずっと「何とかならないのかなぁ?」と疑問に思っていたことに「やっぱりそうなんだ!」と答えが得られた気持ちがしています。
    仕事上で、男性に上手く○○や○○を伝えることが、難しいと感じていましたが、「男性は、恋愛でも、ビジネスでも、○○されることがNG」「男性は○○。今の自分を○○してほしい」と、聞いて、それを踏まえて男性とコミュニケーションをより良くしていこう!と思えました。』(T・K様)
  • 『深く踏み込んだ内容で、耳の痛い事もたくさんありましたが実践してみたいこと、改めようと思ったことが多く、受講して良かったと思います。
    また、他の講座も受講したいです。』(K・T様)
  • 『目からウロコでした。
    「へぇー」がいっぱいで、とても勉強になりましたし、改善点も見えてきました。実践してみたいと思います。
    ありがとうございました!!』(T・M様)

まずはご相談ください!TEL:022‐721‐1122 電話受付:10時~19時 定休日:火曜日(祝日の場合翌日)

みんなにダイスキをつたえよう Sendaiおしゃれウェディング Art Bridal
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会館ビル5F
【運営】株式会社アートセレモニー
PageTop