第6回
恋活・婚活で勝つ!
誌上モテ講座

異性間コミュニケーション講師/佐藤律子

あなたは、好きな相手に惚れられていますか?

たまに恋愛の温度差を感じることがあるのですが、女の子のほうが熱しやすいのでしょうか?今は、2ヶ月前に知り合った人に片思い中です。いつも駆け足すぎて、勝手解釈をしてしまい、まさに疲れる女の要素満載な恋をしていましたが、今回はあんまり舞い上がらないように、じっくり暖めています。どうすれば私に振り向いてくれるのか日々奮闘してます。「付き合う」っていうとこにいくのに決定的なポイントがなくちゃいけないのだけど、それは何なんだろ??と日々悩んでいます

たまに恋愛の温度差を感じることがあるのですが、
女の子のほうが熱しやすいのでしょうか?

そうです、好きな男性にハマッたら、女性の方が熱くなります。思わず追いかけたくなってしまう気持ちになってしまいますよね。

 まず男性の温度が熱いのは、女性を好きになった瞬間。 そこから、その女性を自分のものにするまでが熱いのです。 そのあとは「俺のモノになった。もう安心♪」という感覚になり 気持ちが落ち着くと熱が下がって、あまり彼女に熱心にならなくなります。 しかし女性は、男性に口説かれて、その気になって付き合い始めてから相手の男性のことを じわじわ好きになります。

つまり、男性が「安心→」しているとき、女性は「大好き←」になっている。 だから、大きな温度差がでてしまうのですね。

どうすれば私に振り向いてくれるのか日々奮闘してます


気持ちは分かるけど、熱くなって追いかけちゃダメです。落ち着きましょう。

 私自身、好きな人を猛烈に追いかけて引かれたことがあります。とてもモテる男性だったので、自分を見てほしくて必死でした。結果、「重いオンナ」だと思われてしまったのです。私を分かってほしくて、自分をさらけ出しすぎました。彼のことが、大好きすぎて温度が上がりまくっていたのです。
恋愛ルールの「やってはいけないこと」ばかりしていました。
20代の私は、まだまだ恋愛の未熟者だったのです。

ヤキモチ・束縛・不安・イライラ・心配・取り越し苦労。そして、「彼は、本当に私のこと好きなのかな?」という自信の欠如。こんな気持ちでいると、かえって その不安や心配事が的中してしまいます。好かれているかどうか 不安だから、心配だから、恐いから、「お願い!私を好きだ、愛してるって言って」と、頼んでしまう。
違うんですよね・・。そんなことをしたら、彼は逃げちゃう。どんなにイケイケでモテモテの男性でも、女性に本当に求めている部分は「癒し」です。ニコニコ笑って彼を信じて待っていることが、男性のハートを掴むコツ。

まず、自分と付き合うメリットを彼に提示しましょう。
「私と付き合うと、毎日楽しいよ」「癒されるよ」みたいなことを決して押しつけがましくないように、笑顔でさりげなく伝えていくのです。彼が、あなたのニコニコした笑顔を見て、そのメリットを感じたときに、 お付き合いができるかどうか決まると思います。

あなたは、お花畑に咲く 可憐なお花です。

彼にとって一番美しく、蜜の美味しい花になって咲いていれば、彼は、必ずあなたにとまります。他の花より、美しく美味しい蜜をもっているあなたから、彼は決して動こうとしないでしょう。
男性は本能的に気に入った女性にしか恋愛感情を持ちません。
男性の「守りたい」本能をくすぐる女性が「男に大事にされる女」なのです。
結婚の定義としてよく聞く「女は、惚れられて結婚するのが幸せ」。これは、好きじゃない男性から惚れられるという意味ではありません。「自分が好きな相手に惚れられる」ということです。
女性は、自分が惚れた男性の子どもしか産みたくない生き物。だから、男性に対する条件が厳しいのです。男性は、軽い一目惚れ程度からでも女性を好きになりますが、女性は、もっと深いところで男性を判断しますから惚れにくいのです。
惚れにくいからこそ、本気で好きな男性ができたら彼に目一杯の愛情を注ぎます。
女性が男性を判断するポイントは「この男は、私を一生守ってくれるか?」です。
だから体力+知力+経済力
兼ね揃えた男性がモテるのです。この3拍子を揃えた男性を獲得できたら女性は幸せになりやすい。私が伝えたい「女は、惚れられて結婚するのが幸せ」は、体力+知力+経済力を兼ね揃えた男性に惚れられることです。

良くも悪くも、人は欲望を持っています。どんなに相手に愛されても、どんなに高価なプレゼントを貰っても、「もっと!もっと!もっと愛して!」と求めてしまう。すると、愛されることが、とたんに苦しみに変わってしまいます。愛される欲望に支配されてしまう。
でも、自分が相手を愛することは、無限に追求することができます。「もっと大切にしたい」「もっと喜ばせたい」「もっと愛したい」しかし、相手が望まない愛情をいくら注いでも相手に迷惑なだけなので注意が必要です。

一方的に惚れる・惚れられる恋は、辛いだけでしょう?お互いに「好き」と確認できた上で、心から愛し合うことが、幸せな関係であり、幸せな恋愛というものではないでしょうか?

異性間コミュニケーションとは?

 会社、家庭、友人関係などの場面で、異性とのコミュニケーションについて悩むことはありませんか?
 異性の上司と部下、異性の同僚、夫婦で会社経営、男性のお客様、女性のお客様…。個人対個人だけではなく、会社など人が集まっている場所での異性間コミュニケーションが上手くいかない方が増えています。異性の違いを理解して認め合えば、「どうしてわかってくれないの?」というストレスが減ります。そのストレスが無くなるだけで、会社も家庭も友人関係も円滑になり、毎日を楽しく過ごせます。
 異性間コミュニケーションの方法を知ることで、みんなが幸せになっていく、それが私の願いです。あなたも異性間コミュニケーションの力を磨いて、魅力溢れる人間像を目指してみませんか?

まずはご相談ください!TEL:022‐721‐1122 電話受付:10時~19時 定休日:火曜日(祝日の場合翌日)

みんなにダイスキをつたえよう Sendaiおしゃれウェディング Art Bridal
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会館ビル5F
【運営】株式会社アートセレモニー
PageTop